レーザー治療

産後の女性を悩ます妊娠線。一度できてしまった妊娠線を完全に消すためには、クリニックでの治療が必要となってきます。このページでは、妊娠線治療法のひとつである、レーザー治療についてご紹介します。

クリニックで行うレーザー治療は妊娠線に効くの?

レーザーのイメージイラスト

さまざまな治療法に取り入れられているレーザー施術。実は、できてしまった妊娠線の治療として一番ポピュラーな治療法なのです。簡単に説明すると、レーザーで皮膚の細胞にダメージを与えることで肌の表面の新陳代謝を活性化させ、傷の治癒能力を促すといった施術法です。

ただ、レーザー治療は皮膚の表面(表皮)へのアプローチがメインとなります。軽い妊娠線であれば効果が期待できますが、真皮層(皮膚の内部)が大きく断裂して起きる赤紫色の症状が強い妊娠線には大きな効果が期待できないようです。また、できてしまってから長い時間が経過している症状にも、効果は薄いとも言われています。

妊娠線治療におけるのレーザー施術について

レーザー治療のダウンタイムや副作用

  • ダウンタイム
    施術から1週間程度は、皮膚に赤みや炎症が発生するケースがあります。
  • 副作用
    レーザーを照射した箇所が、火傷になってしまう場合があります。

レーザー治療の費用相場

  • 1回3万円~5万円(クリニックによって異なる)

レーザー治療の種類

  • フラクショナルレーザー
    細いレーザーで肌に刺激を与え、細胞の入れ替わりを促す
  • サーマクール
    真皮まで届くラジオ波の熱エネルギーでコラーゲンの再生を促す
  • YAG(ヤグ)レーザーピーリング
    波長の長いレーザーが表皮と真皮の境目まで届き、表皮の代謝を高め、コラーゲンの再生を促す。また浮き出た血管のヘモグロビンに吸収され、血管の赤みを目立たなくさせる作用もあります。

実際に妊娠線のレーザー治療を受けた方の口コミ

30代・女性からの口コミ

軽い妊娠線でしたが、気になったのでレーザー治療を受けました。施術後は、肌が乾燥がちになってしまいますが、日が経てば問題なくなります。少しずつ妊娠線が目立たなくなってきていると思います。

20代・女性からの口コミ

私が通っているクリニックでは、冷風で患部を冷やしながら施術を行ってくれるので安心です。少しだけ皮膚に痛みがありますが、毎回ちゃんと冷やしてくれるので問題なく続けられています。