外用薬

皮膚科などでもらえる処方薬として一般的なヒルドイド。その保湿力の高さが評判のヒルドイドクリームは、妊娠線にも効果が期待できるのでしょうか?

保湿剤として有名なヒルドイドとは?

皮膚科などを受診すると一般的に処方されるのが、ヘパリン類似物質を主成分とした塗り薬です。ヒルドイドもそのうちのひとつです。ヘパリン類似物質には、「保湿」「血行促進」「炎症を抑える」という3つの効果があります。市販されている保湿剤として有名な「ワセリン」「セラミド」「コラーゲン」などの保湿剤は、表皮の表面である「角質層」までしか水分を蓄える力がありません。それに対してこのヘパリン類似物質は、皮と真皮の境界線にある「基底層」まで届き、肌に水分を留めるとともに、血行を促進して新しい細胞への入れ替わりを促します。

ヒルドイドは妊娠線に効果があるの?

ヘパリン類似物質含有剤には高い保湿効果と血行促進作用があり、皮膚に潤いを取り戻して乾燥を防ぐとともに、表皮のターンオーバーを促進して炎症や傷跡などを早く治す効果があります。

この「保湿」と「血行促進」は、妊娠線を予防する時に高い効果が期待できる作用です。また、ヘパリン類似物質は表皮の基底層まで浸透する力があるため、真皮層にも少しだけ届きます。ただし真皮層に直接作用することはないため、薄い妊娠線には効果がある可能性があるものの、基本的にきてしまった妊娠線を「消す」効果は残念ながらあまり期待できません。そのため、ヒルドイドなどのヘパリン類似物質は、妊娠中の予防ケアとして使用するのが効果的です。

ヒルドイドを妊娠線ケアに使うときの注意点

ヒルドイドにはローションやソフトクリーム、軟膏タイプなどいくつかの種類があります。さらにジェネリック薬品もあり、「ビーソフテン」「エアリート」「セレロイズ」などと名前は異なりますが、有効成分の含有量は同じです。メーカーによって塗り心地などが異なりますので、薬剤師さんに聞いて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。また、赤ちゃんの肌あれにも処方される薬ですので、妊娠中に使ってもお腹の赤ちゃんに悪い影響があるというものではなく、安心して使うことができます。

ただし、出血しているような傷に直接塗ることだけは要注意!ヘパリン類似物質は血液が固まりにくくなる効果によって血行を促進しているため、出血している傷に直接塗ると、傷の治りが遅くなったり、出血が止まりにくくなったりする危険性があります。