外用薬

皮膚科などでもらえる処方薬として一般的なヒルドイド。その保湿力の高さが評判のヒルドイドクリームは、妊娠線にも効果が期待できるのでしょうか?

保湿剤として有名なヒルドイドとは?

皮膚科などを受診すると一般的に処方されるのが、ヘパリン類似物質を主成分とした塗り薬です。ヒルドイドもそのうちのひとつです。ヘパリン類似物質には、「保湿」「血行促進」「炎症を抑える」という3つの効果があります。市販されている保湿剤として有名な「ワセリン」「セラミド」「コラーゲン」などの保湿剤は、表皮の表面である「角質層」までしか水分を蓄える力がありません。それに対してこのヘパリン類似物質は、皮と真皮の境界線にある「基底層」まで届き、肌に水分を留めるとともに、血行を促進して新しい細胞への入れ替わりを促します。

ヒルドイドは妊娠線に効果があるの?

ヘパリン類似物質含有剤には高い保湿効果と血行促進作用があり、皮膚に潤いを取り戻して乾燥を防ぐとともに、表皮のターンオーバーを促進して炎症や傷跡などを早く治す効果があります。

この「保湿」と「血行促進」は、妊娠線を予防する時に高い効果が期待できる作用です。また、ヘパリン類似物質は表皮の基底層まで浸透する力があるため、真皮層にも少しだけ届きます。ただし真皮層に直接作用することはないため、薄い妊娠線には効果がある可能性があるものの、基本的にきてしまった妊娠線を「消す」効果は残念ながらあまり期待できません。そのため、ヒルドイドなどのヘパリン類似物質は、妊娠中の予防ケアとして使用するのが効果的です。

ヒルドイドを妊娠線ケアに使うときの注意点

ヒルドイドにはローションやソフトクリーム、軟膏タイプなどいくつかの種類があります。さらにジェネリック薬品もあり、「ビーソフテン」「エアリート」「セレロイズ」などと名前は異なりますが、有効成分の含有量は同じです。メーカーによって塗り心地などが異なりますので、薬剤師さんに聞いて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。また、赤ちゃんの肌あれにも処方される薬ですので、妊娠中に使ってもお腹の赤ちゃんに悪い影響があるというものではなく、安心して使うことができます。

ただし、出血しているような傷に直接塗ることだけは要注意!ヘパリン類似物質は血液が固まりにくくなる効果によって血行を促進しているため、出血している傷に直接塗ると、傷の治りが遅くなったり、出血が止まりにくくなったりする危険性があります。

外用薬治療がおすすめの人

外用薬治療がおすすめなのは、できるだけ手軽に対策をとりたいと思っている方です。病院などでレーザー治療や炭酸ガス治療を受けるのはめんどう…と思っている方も自宅でできるケアとして外用薬治療を検討してみましょう。 病院で処方してもらう必要はありますが、基本はホームケアとなるので何度も病院に行くのがめんどうだと感じている方にも向いています。

それから、費用を抑えて対策をとりたいと思っている方にも向いているでしょう。レーザー治療や炭酸ガス治療の場合はどうしても数万円単位で費用がかかってしまいます。妊娠線をコンプレックスに感じているけれど、治療のために何万円もかけられない…と悩んでいる方でもヒルドイドならば検討しやすいはずです。 ただ、効果の点においては高いとはいえないため、それほど効果がなくてもいいから、手軽な方法を実践したいと思っている方向けだといえます。

外用薬治療のメリット

妊娠中から使える

レーザーや炭酸ガスを使用した妊娠線の治療は基本的に産後から始めます。授乳している場合は、それが終わって体調が整った段階で始めるのが基本だといえるでしょう。 レーザーや炭酸ガスを使った治療では多少痛みを感じることがあるのですが、その痛みを我慢する際にお腹に力が入ってしまうこともあり、流産の危険性があるからです。流産のリスクを犯してまで妊娠中に妊娠線対策を取るわけにはいきませんよね。

そういった治療法と違い、ヒルドイドなどの外用薬を使った治療法は妊娠中でも行えます。ヒルドイド自体が妊娠線予防に効果的なアイテムということもあり、積極的に取り入れてみましょう。 胎児に与える影響などはないので、安心して使えます。

血行促進効果がある

ヒルドイドが持っている大きな役割は保湿にありますが、血行を促進する効果も見逃せません。特に肌が冷えていると感じる方はその部分の血行が悪くなっている可能性があるので注意しましょう。 そういった部分は妊娠線ができやすくなってしまいます。ヒルドイドなどの外用薬を塗ることにより血行促進効果が得られればできてしまった妊娠線の改善にも役立ちますし、妊娠線ができないように予防する効果も期待できます。

自分に合ったものが選べる

ヒルドイドには様々な種類があります。軟膏タイプの他、クリームタイプやローションタイプなどがあるので、自分が好きな使用感のものを選べばストレスなく塗れるでしょう。 妊娠線を予防したり改善するためには継続して保湿を行うことが大切となっているので、自分が好きな使用感の商品選びをすることは非常に大切です。

安く手に入る

外用薬であるヒルドイドは医師の処方せんがなければ購入できないのですが、購入できた場合は非常に安く手に入るのが魅力です。保険が適用されれば一本200円前後となっているので、できるだけお金をかけずに妊娠線対策をとりたいと思っている方におすすめ。 妊娠線治療のためにレーザー治療や炭酸ガス治療を検討しているものの、1回あたり10,000円以上の費用がかかることを知って諦めた方もいるのではないでしょうか。そういった方でもヒルドイドならば検討しやすいはずです。

お薬代のほかに初診料などは別途必要になるので注意しておいてくださいね。そういったものも含めても1,000円前後があれば足りるでしょう。

外用薬治療のデメリット

できてしまった妊娠線の改善効果は薄い

ヒルドイドなどの外用薬はあくまで治療目的ではなく、予防目的で使うものだと思っておいた方が良いでしょう。もちろん、塗って肌に悪いものではないので治療目的で使うのも構いませんが、大きな変化は期待できません。 妊娠線の治療目的でヒルドイドを使おうと思っているのであれば、できるだけ早い段階から取り入れる必要があります。

ヒルドイドで期待できるのはあくまで保湿効果です。妊娠線対策に効果があるアイテムとして紹介されることもありますが、妊娠線を予防したり改善するためには確かに保湿が重要であるものの、それだけで予防や対策が取れるわけではありません。 そういったこともあり、市販されている妊娠線クリームなどには美容成分も配合されているのです。とにかく肌が乾燥しがちでそれが原因で妊娠線が悪化しやすい方などは効果的かもしれませんが、ヒルドイドさえ塗っておけば妊娠線ができない、改善されるとは考えない方が良いです。

病院での処方が必要

外用薬の中にはドラッグストアや薬局で購入できるものもありますが、ヒルドイドは基本的に医師の処方が必要です。そのため、病院やクリニックに足を運ぶ時間が取れない方はなかなか手に入れるのが難しいといえるでしょう。 また、本当にその薬の処方が必要かどうかを判断するのは医師です。場合によっては妊娠線の予防や妊娠線治療の目的で使うというと処方を断られるケースもあります。

その場合はヒルドイドと似たような成分で作られた第2医薬品を薬局やドラッグストアで購入する形になるでしょう。まずは似たような成分が含まれる商品(小林製薬のアットノンなど)をドラッグストアで探し、使い心地を確認した上で病院で処方してもらう方法もあります。 ただ、この場合は保険は適用になりません。ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質というものなので、これが含まれるものについて薬剤師に相談してみてくださいね。 ちなみに、ヒルドイドは肌の乾燥が気になるときに処方されるが外用薬なので、妊娠でお腹が大きくなったことにより発生しているトラブルとして乾燥を感じているなどと伝えると処方してもらえる可能性が高くなるようです。

病院で処方してもらえる乾燥肌対策の外用薬は基本的にヒルドイドクリームとなっているため、妊娠線などについて触れなくても肌の乾燥を相談したところ、処方してもらったのはヒルドイドだったという方もいます。

薬品である

ヒルドイドは薬品です。安全性は非常に高く、毎日使っても問題ないとされていますが、海外製のものを個人輸入して使うような場合は質の悪い商品を手にしてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。 やはり国内の病院やクリニックでしっかり説明を受けてから処方してもらったものを使った方が安心ですね。

使用に注意が必要な人もいる

ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質が含まれる外用薬です。血液をサラサラにする働きがあるため、血友病や血小板減少症などの治療を受けている方は避けておきましょう。