サプリメント

妊婦に欠かせない葉酸の効果とは?

クリームやオイルで外側からケアするだけでなく、美肌効果のあるサプリメントで肌を内面からきれいにすることも可能です。妊娠線は乾燥が原因になるので、その原因を取り除くべく肌に潤いを与え、肌を健やかに保ってくれるような美容成分を摂ると良いでしょう。ターンオーバーの乱れも妊娠線の原因の一つですが、サプリメントの中には皮膚の再生力を活性化させてくれるものもあります。その代表は葉酸やプラセンタ。とくに葉酸は妊娠中には不可欠だと言われる成分です。

葉酸は、赤ちゃんの脳や脊髄、内臓を作る上で必要な成分で、妊娠すると通常の2倍以上の葉酸が消費されます。母子手帳にも葉酸の摂取を推奨する記載があるほど、妊婦にとってなくてはならない成分なのです。これらは食事からも摂取できますが、サプリメンとの葉酸はモノグルタミン酸型に分類されており、この型の葉酸にほうが赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減させると言われています。

葉酸は赤ちゃんに良いだけでなく細胞を再生させ、肌の代謝を良くする働きがあるので、妊娠線予防にも効果大。毎日しっかり摂取するようにしましょう。

プラセンタは妊娠中に飲んでもいいの?

プラセンタが美肌に効果があることはよく知られています。プラセンタはビタミン類が豊富で抗酸化作用もあり、コラーゲンを生成する成長因子も含まれています。肌を瑞々しく保つ最強の成分といっていいでしょう。

しかし、プラセンタは胎盤から抽出されたエキスです。妊娠中に摂取しても問題ないのでしょうか?これには、まったく問題ないという意見と妊娠中は摂取しないほうが無難という2つの意見があります。アレルギーをおこす可能性がまったくないわけではなく、わずかでも一時的に体調不良を引き起こす恐れがあるため、サプリメントの販売会社によっては医師に相談してから摂取することを推奨しています。

ただ、プラセンタには妊娠中のイライラを軽減する効果もあるため、妊婦には適していると考えている人も少なくありません。もし摂取したい場合は、かかりつけの産婦人科医に相談してみると良いでしょう。

妊娠線予防で飲むサプリメントの注意点

口から摂取するものなので、容量はしっかり守るようにしてください。またどんな添加物が入っているか、安全性などについても事前にチェックしましょう。サプリメントは医薬品でないため、劇的に効果が出るものではありません。効果も保証されていません。あくまで『美肌を手助けしてくれるもの』と捉えるべきでしょう。

またサプリメントは、妊娠線の予防に効果はあってもできてしまった妊娠線を消すことはできません。深く刻まれてしまった妊娠線はクリニックで真皮に直接アプローチするような治療を受けることで良化していきます。クリニックに行かない限り消えない妊娠線。妊娠線を作らないために、クリームやオイル、サプリでしっかり予防しましょう。