二の腕

妊娠線が二の腕にもできるというのは本当?

妊娠線ができるのはお腹だけではありません。もちろん、最もできやすいのはお腹周りですが、皮膚があるところなら全身どこでもできる可能性があります。

妊娠線は、急な体型の変化やサイズアップで皮膚の奥の組織(繊維や脂肪など)が断裂して発生します。「急な体型変化」の元となるのは主に脂肪の増加です。皮下脂肪が元々たくさんある場所、または付きやすい場所はとくに妊娠線ができやすく、二の腕もその一つです。

二の腕に妊娠線ができやすい人の特徴をチェック

上半身が太りやすい人

脂肪が付きやすい部分は人によって少しずつ異なります。体重に急な変化が起こったとき、二の腕や顔などに見た目の変化が出やすい人は、妊娠中の体重増加で急激に上半身に脂肪がつくことで妊娠線ができやすくなってしまいます。

肩こりがある人

肩こりや首筋のこり、眼精疲労などがある人は、二の腕周りの血行が滞っている可能性があります。血行やリンパの流れが悪いと、皮下組織の弾力も低下してしまうため組織が断裂しやすくなって、結果妊娠線ができてしまいます。

二の腕にあまり筋肉がついていない人

筋肉があまりついていない場所は、柔らかくなっているため脂肪が付きやすく、脂肪の燃焼もしにくい箇所です。そのため、皮下脂肪が一気についてしまい、皮膚の奥が断裂してしまって妊娠線につながりやすくなるのです。

二の腕向けの妊娠線ケア方法

比較的柔らかく脂肪が付きやすい二の腕は、血行の悪さや乾燥などの悪条件が重なることで、妊娠線が急に出来てしまう危険性のある場所です。そのため、妊娠線ケアは以下の3つがポイントとなります。

  • 急激な脂肪増加を避ける(体重の増え方をコントロールする)
  • 保湿クリームなどを日常的に塗って肌表面の柔らかさを保つ
  • 腕や肩周りを動かしたり、マッサージなどをして血行を良くしておく

特に、お腹が急に大きくなる妊娠7~10ヶ月くらいに、二の腕に妊娠線ができやすくなるため、その少し前くらいから、お腹へのケアと一緒に行っておくと良いでしょう。大切なのは少しずつでも続けること。途中で面倒になることもあると思いますが、二の腕は露出が多い場所でもあり、妊娠線ができてしまうととても気になります。そのため、なるべくならできないように気をつけたいですよね。

もし、目立つ妊娠線がなかなか消えないという場合は、早めにクリニック(皮膚科など)を受診しましょう。

二の腕の妊娠線の予防方法とは?

妊娠線はできてしまったから改善するのは大変なことなので、できる限り予防対策を取ってみましょう。

二の腕の中でも特に妊娠線ができやすいのは二の腕の内側の部分です。自分でもチェックしやすい部位ではありますが、妊娠したあとは体型が変わりやすいので、妊娠線ができたあとに気づいてしまって唖然とする方も…。

できるだけ早めに対策を取り入れてみましょう。

妊娠線予防クリームやオイルを取り入れる

二の腕にできる妊娠線の基本的な予防方法はお腹と同じです。妊娠による体重増加が妊娠線に繋がるわけですが、赤ちゃんが大きくなることによりどうしても体重は増えてしまうので、肌の弾力を増やすなどした対策を取ってみましょう。

二の腕はクリームを塗りやすい部位ではありますが、外側だけ、内側だけというように塗り方が偏らないように注意することが大切です。また、妊娠中はお腹をよく確認する方が多いのですが、二の腕はあまりチェックしない部位でもあるので、少しずつ太くなっていることに気づけない方もいます。太くなってからクリームを塗っても十分な予防対策にはつながらないので、早めに取り入れてみましょう。

妊娠線というとお腹のことばかり考えてしまいがちですが、お腹に妊娠線予防のクリームを塗る際には同時に二の腕にも塗るようにしてくださいね。ここでポイントになってくるのが、たっぷり使っても価格が気にならないようなクリームを選択するということ。

妊娠線=お腹というイメージがあるので、二の腕に塗る必要性がわからず、少し勿体なく感じてしまう方もいるかもしれません。ですが、後から二の腕に妊娠線ができていることに気づき、後悔している方もたくさんいるのです。自分にとって無理なく購入できる価格の妊娠線予防クリームであればあまり気にせずに使えますよね。

体重管理を行う

妊娠線対策全般において言えることではありますが、体重が急激に増えてしまった場合に妊娠線に繋がりやすいです。そのため、普段から体重管理に力を入れておきましょう。

特に、妊娠したことによってホルモンバランスが崩れ、ストレスによる食べ過ぎをしてしまった場合などに急激な体重増加に繋がりやすいです。また、つわりがひどくてなかなか食べられない方もいますが、安定期を過ぎてつわりが落ち着くと食欲が暴走してしまうこともあるので十分に注意しておきたいですね。

食べすぎを防ぐ他、適度な運動を取り入れて体重が増えすぎないように心がけましょう。

簡単な筋トレも効果的

普段の生活の中であまり二の腕の筋肉を使うことはありませんよね。そのため、二の腕の筋肉が衰え、代謝が低下しているために脂肪が付きやすい状態になっている方もいます。妊娠によって二の腕に急激に脂肪がついてしまうのを防ぐためにはある程度筋肉を付けておくこともポイントになってくるでしょう。

といっても、妊娠中はハードな筋トレはできません。

ただ、テレビを見ながらダンベル運動をするくらいならば問題ないので取り入れてみてくださいね。妊娠線を予防する目的でダンベルを取り入れるのであれば、重いものを選択する必要はありません。500mlのペットボトルでも良いので、重すぎないものを選択してみましょう。

また、普段家事を行う中で二の腕をしっかり使うことを意識するのもおすすめです。雑巾がけをしたり、窓拭きをする際にしっかり二の腕を使ってみましょう。

治療に対応している東京のクリニックを紹介

エルクリニック

新宿院は渋谷区代々木、銀座院は中央区銀座にあるクリニックで妊娠線治療の料金は1回あたり10cm×10cmで25,000円となっています。

フラクショナルレーザー機器を使った方法で施術を行っています。効果が出るまでにかかる時間は長くなりますが、痛みが少ないのが特徴です。

二の腕の妊娠線はお腹にできるものに比べるとそれほど目立たないものが多いため、フラクショナルレーザーでできるだけ痛みを抑えながらゆっくりと治療を検討してみてはどうでしょうか。