お腹

最も注意したいお腹周りの妊娠線

体型の急激な変化に皮膚の伸びが対応しきれず、皮膚の奥の組織が断裂してしまってできるとされる妊娠線。妊娠中に最も大きな変化があるのは、もちろん赤ちゃんを育てている場所であるお腹周りですので、お腹周りに妊娠線ができやすいのは当然とも言えます。

特にできやすいのは、妊娠5~7ヶ月と、妊娠9ヶ月~臨月の2つの時期。妊娠5ヶ月頃につわりがおさまると食欲が出て、体重が一気に増えやすい時期です。後期にかけてお腹は徐々に大きくなっていきますが、妊娠9ヶ月後半~臨月は、赤ちゃんの体重が急に増えやすい時期。お腹周りもそれまでと比べて一回り大きくなり、スイカのようにぱんぱんになります。とくに自分からは見えにくいお腹の下半分にケアが行きとどかず、気付かないうちに妊娠線ができやすいと言われています。

お腹に妊娠線ができやすい人の特徴をチェック

太り気味の体型の人

元々ちょっとぽっちゃり体型の人は、妊娠によってより脂肪の付きやすい体質になりやすいと言われています。食べつわりやつわり後の食欲回復に伴い、食事や間食を摂りすぎてしまい、急激な体重変化につながります。脂肪細胞は弾力がなく、体型の変化に合わせて伸びることができないため、途中で割れてしまって妊娠線ができてしまいます。

やせ型でも筋肉の少ない人

妊娠前はやせ型のタイプだったという人も油断は禁物です。妊娠中はホルモンバランスの影響で細胞の新陳代謝が悪く、また血行も滞ってしまい、余分な老廃物を貯め込みやすい体質になりがちです。また、それまで脂肪がついていなかった人でも、赤ちゃんへ与えるエネルギーを蓄えるために脂肪が付きやすくなるとも言われています。筋肉量が多ければ、基礎代謝が高いため脂肪が燃焼されやすく、急激な体重変化にはつながりにくいですが、運動不足などで筋肉量が少ないと、妊娠を機に一気に体重が増える恐れがあります。

経産婦さん

1人目の時に妊娠線ができなかったから…と油断は禁物です。一度子宮が大きくなったことがあるため、2人目以降の妊娠では子宮が膨らみやすく、急激な体型変化に皮下組織が対応できずに妊娠線につながる恐れがあります。

お腹周りの妊娠線ケア方法

お腹周りの妊娠線は多くの妊産婦さんが気にするもの。できてしまってからではなかなかよくならない可能性も高いため、まずはできないようにする「予防」が大切になります。

  • 急激にお腹を大きくさせない(体重コントロール)
  • 皮膚組織が伸びやすくなるようケアする(保湿クリームやオイルなど)

上記2点が基本的な予防ケアで、根気良く継続させることで妊娠線予防に高い効果が期待できます。ただし、子宮を刺激することは赤ちゃんにあまり良くない場合もあるため、保湿クリームは柔らかいものを優しく肌に伸ばすようにしましょう。

これらのケアを行っても、結果的に妊娠線ができてしまった場合はクリニック(皮膚科)などに早めに相談することをおすすめします。放っておいても自然に直るということは残念ながらあまり期待できません。