お尻

気付かないうちにできているかも…お尻周りの妊娠線

お腹周りや胸は、「妊娠線ができやすい場所」として知られていますし、妊娠週数が進むにつれて目に見えて大きくなっていくため、多くのプレママさんが保湿クリームを塗るなど、妊娠線対策を意識しています。

しかし、腰やお尻周りは目につきにくく、大きくなっていく実感が薄いため、クリームやオイルによる妊娠線ケアがおろそかになりがちです。しかし実は腰やお尻は大きくなっていくお腹を支える重要な役割を持っています。お腹の成長に伴ってこれらの箇所も脂肪を蓄え、しっかりとお腹を支えられるように準備していくのです。そのため、腰やお尻周りは妊娠後期になって「気付かないうちに」現れてしまっているというケースが多いようです。

お尻に妊娠線ができやすい人の特徴をチェック

下半身が太りやすい人

元々骨盤の歪みなどがある人は、腰やお尻の新陳代謝が低下し、老廃物が体内に留まりやすい状態になっています。そのため、妊娠すると脂肪と老廃物が結びついてセルライトになりやすく、お尻が急激に大きくなってしまう可能性が高いと言えます。

やせ型の人

妊娠前、腰回りにあまり脂肪や筋肉がついていなかった人は、お腹が大きくなってもそれを支える力が不足します。すると体が頑張って腰回りをしっかりさせようとして、腰やお尻まわりに脂肪をため込みやすい体質に変化することがあります。そのため、元々やせていた人でも妊娠によって急激にお尻が大きくなり、いつに間にか妊娠線ができていた…という状態が起きることになってしまいます。

お尻周辺の妊娠線ケア方法

脂肪がつきやすく、老廃物も溜まりやすいお尻回り。乾燥や血行悪循環が続くと、より妊娠線ができやすくなってしまいます。そこで気をつけたいポイントを2点紹介します。

  • 保湿ケアを忘れない
  • 結構を良くし、新陳代謝をアップさせる

お尻や腰に妊娠線ができてしまう原因でもっとも多いのが「保湿ケアを怠っていた」ということ。お尻や腰に妊娠線ができると思わず、お腹周りや胸はケアしていたけれど…という人も多いようです。お腹周りのケアと同じく、保湿クリームなどをしっかりと塗って皮膚の柔らかさを保つよう心掛けましょう。

また、妊娠すると赤ちゃんの出産に向けて徐々に骨盤が開いてしまいます。骨盤が正常の形でなくなることでその周辺の代謝が低下し、開いた骨盤内に脂肪がたまりやすくなったり、老廃物と結びついてセルライトになってしまいます。適度に骨盤周りを動かしたり、腰回りを冷やさないようにすることが大切です。

お尻の妊娠線の予防方法とは?

何より大切なのが早めの予防対策を取り入れることです。お腹周りは普段からがんばってクリームを塗っている方が多いのですが、お尻は全くノーマークの方も多いため、妊娠線ができやすい部位だということを十分に理解し、お腹と同じく予防に努めましょう。

具体的には次のような方法が挙げられます。

クリームやオイルを使ったマッサージ

妊娠線ができてしまう最も大きな原因は肌の弾力不足にあるため、しっかり乾燥対策をとりましょう。その際にはクリームやオイルを使った方法が効果的です。妊娠線予防のために開発されたものを使うと更に効果が高いので試してみてくださいね。

クリームやオイルを塗る際にはお腹にはしっかり塗るものの、お尻に塗るのは忘れてしまう方も多いようです。特にお腹が大きくなったあとはお腹ばかり気にする方が多いので、お腹にクリームやオイルを塗る際に忘れずにお尻にも塗りましょう。

クリームやオイルを塗る際にはお尻の下に手を回し、抱え込むようにして下から塗るのがポイントです。オイルは浸透率を高めるために手のひらでしっかり温めてから塗りましょう。

体重管理を行う

急激に体重が増えることが原因で妊娠線ができてしまうため、体重が増えすぎないための対策を取るのが基本です。妊娠をすると気を付けなければならないことや、やってはいけないことも増えるため、ストレスを溜め込んでしまう方も少なくありません。

これが原因で暴飲暴食に繋がってしまう恐れもあるので、趣味を楽しむ時間を作るなどしてしっかりストレス対策を取り入れていきましょう。

特につわりがひどい時期などはあまり体を動かせませんが、それでも寝てばかりいるのではなく、体調の良い日は少し外を歩いてみたり、ストレッチをするのも効果的です。

クリームやオイルでしっかり保湿をしていたとしてもそれに追いつかないほどの体重増加があればどうしてもお尻に妊娠線ができやすくなってしまうので、体重管理は欠かせません。

新陳代謝を高める

お尻を触った時に、冷えていると感じる方も多いはず。このような状態は、お尻の代謝が悪くなっていると判断できます。

謝が悪い部分へは十分な栄養素を届けることができず、食事で妊娠線対策に良いものを取り入れたとしても高い効果は期待できません。そこで、お尻の代謝を高めてみましょう。

お尻の代謝が低くなる原因はいろいろありますが、一日中座りっ放しの状態でいるのもよくありません。座っている状態はお尻が圧迫されているので、どうしても代謝が悪くなってしまうのです。

特に妊娠中お腹が大きくなってくると体重も増え、お尻にかかる負担は更に大きくなります。マッサージはお尻の代謝を高めるのにも効果的なのでクリームやオイルを塗るついでに行ってみてくださいね。

それから、お尻の筋力をつけるのも効果的です。マタニティヨガの中にもお尻の筋力アップに繋がる方法があるので、ヨガ教室などに通ってみるのも良いでしょう。

治療に対応している東京のクリニックを紹介

大城クリニック

新宿区信濃町にあるクリニックで、料金は1回1平方cmあたり12,000円~19,000円です。
照射範囲やレーザーの種類によって料金が異なるので相談してみましょう。

なんといっても大きな特徴といえるのが約30種類ものレーザーを組み合わせて治療を行っているということ。お尻に肉割れが発生している方はお腹や他の部位にも肉割れがある方が多いのですが、総合的に相談ができるでしょう。

一人ひとりの状態に合わせていくつものレーザー機器を組み合わせた治療が受けられます。治療実績も豊富で、高い技術を持った医師が施術を行ってくれるため痛みもほとんどありません。