お尻

気付かないうちにできているかも…お尻周りの妊娠線

お腹周りや胸は、「妊娠線ができやすい場所」として知られていますし、妊娠週数が進むにつれて目に見えて大きくなっていくため、多くのプレママさんが保湿クリームを塗るなど、妊娠線対策を意識しています。

しかし、腰やお尻周りは目につきにくく、大きくなっていく実感が薄いため、クリームやオイルによる妊娠線ケアがおろそかになりがちです。しかし実は腰やお尻は大きくなっていくお腹を支える重要な役割を持っています。お腹の成長に伴ってこれらの箇所も脂肪を蓄え、しっかりとお腹を支えられるように準備していくのです。そのため、腰やお尻周りは妊娠後期になって「気付かないうちに」現れてしまっているというケースが多いようです。

お尻に妊娠線ができやすい人の特徴をチェック

下半身が太りやすい人

元々骨盤の歪みなどがある人は、腰やお尻の新陳代謝が低下し、老廃物が体内に留まりやすい状態になっています。そのため、妊娠すると脂肪と老廃物が結びついてセルライトになりやすく、お尻が急激に大きくなってしまう可能性が高いと言えます。

やせ型の人

妊娠前、腰回りにあまり脂肪や筋肉がついていなかった人は、お腹が大きくなってもそれを支える力が不足します。すると体が頑張って腰回りをしっかりさせようとして、腰やお尻まわりに脂肪をため込みやすい体質に変化することがあります。そのため、元々やせていた人でも妊娠によって急激にお尻が大きくなり、いつに間にか妊娠線ができていた…という状態が起きることになってしまいます。

お尻周辺の妊娠線ケア方法

脂肪がつきやすく、老廃物も溜まりやすいお尻回り。乾燥や血行悪循環が続くと、より妊娠線ができやすくなってしまいます。そこで気をつけたいポイントを2点紹介します。

  • 保湿ケアを忘れない
  • 結構を良くし、新陳代謝をアップさせる

お尻や腰に妊娠線ができてしまう原因でもっとも多いのが「保湿ケアを怠っていた」ということ。お尻や腰に妊娠線ができると思わず、お腹周りや胸はケアしていたけれど…という人も多いようです。お腹周りのケアと同じく、保湿クリームなどをしっかりと塗って皮膚の柔らかさを保つよう心掛けましょう。

また、妊娠すると赤ちゃんの出産に向けて徐々に骨盤が開いてしまいます。骨盤が正常の形でなくなることでその周辺の代謝が低下し、開いた骨盤内に脂肪がたまりやすくなったり、老廃物と結びついてセルライトになってしまいます。適度に骨盤周りを動かしたり、腰回りを冷やさないようにすることが大切です。