ナチュラルマーククリーム

低刺激で空気に触れないポンプ式のナチュラルマーククリーム

ナチュラルマーククリーム画像

引用元:ナチュラルサイエンス公式ページ

http://www.natural-s.jp/pickup/nmcream/

ナチュラルマーククリームは、ナチュラルサイエンスによる「ママ&キッズ」ラインの妊娠線のためのクリームです。有名ベビー雑誌の、妊娠線ケアNo.1にも選ばれています。

無香料・無着色・低刺激で、ポンプに入れた内袋が潰れていく設計なので中身が空気に触れることはありません。安全なクリームを、最後まで新鮮な状態で使えることも人気の秘密となっています。

保湿するだけでなく、肌にハリと柔軟性を与える成分構成なのでマッサージも不要。朝晩2回のお手入れで24時間保湿することができます。

【ナチュラルマーククリームはここがポイント】

ナチュラルマーククリームは470gで8,100円と少し高く感じてしまうかもしれませんが、使ってみると非常に伸びが良くワンプッシュでお腹だけではなく、胸の保湿もすることができます

さらに保湿力に優れ、長時間潤いをキープすることができるので、1日に何度も塗り直す必要もなく内容量が大幅に減ることはありません

妊娠中はお腹以外に腰やお尻なども乾燥することも多いですが、ナチュラルクリームを使用することで保湿してかゆみも抑えることも可能です。

また、妊婦さんになると匂いに敏感になり、好きだった匂いでも嫌になることがありますが、ナチュラルマーククリームはそんな人でも安心して使うことができる無香料になっています。

そのため、妊娠初期からの妊娠線予防にも適しています。

ナチュラルマーククリームの口コミ評判

ママだけじゃなく、赤ちゃんと一緒に使用できます。(30代女性)

毎日使用していたおかげか、妊娠線もできませんでした。ベタベタしないし、馴染みもよく、お肌のさまざまなトラブルから守ってるアイテムだと思います。何より、赤ちゃんのケアにも使えるのがいいですね。

妊娠9ヶ月目ですが、肌トラブルなく使用しています。(20代女性)

スっと伸びるし浸透力も高いと思います。マッサージがいらないので楽ですね。現在9ヶ月ですがお腹とモモの付け根などに使用しています。

大きいサイズ1つで、4ヶ月も持ちました。(30代女性)

4ヶ月ぐらいから使い始めていま臨月で、全身に使用していますが大きいサイズ1個が終わろうとしています。コスパがかなり良いですね。オイルほどベタつかないし、妊娠線もできていませんよ。

つわりがひどいときも、不快感なく使用できます。(30代女性)

初めての出産のときも使って、2人目を授かった今、リピートしています。ベタベタしないので、つわりのときも不快感はありませんでした。かなり体重は増えましたが、妊娠線もできていません。

コスパが良く、とても使いやすいクリームです。(20代女性)

妊娠前期から出産まで、大きいサイズ1本半程度で間に合いました。伸びもいいし肌がしっとりします。いろいろ使いましたが、私にはこのクリームが一番使いやすかったし、赤ちゃんにも使っています。

ナチュラルマーククリームのおすすめポイント

ハリと弾力、潤い成分で妊娠線を予防!

肌を柔らかく保つ成分をたっぷり配合しています。

オーガビックカレンデュラオイルやオーガニックアルガンオイル、ツボクサエキス、エラスチンサポート成分は皮膚組織をサポートするので、肌が伸びても亀裂を入れにくくします

乾燥を防ぐ成分として、スーパーヒアルロン酸や2種類のコラーゲン、2種類のセラミド、8種類のアミノ酸を配合。お手入れすることで、常にハリと潤いのある肌を作ることができます。

【妊娠線予防するためにナチュラルマーククリームの塗り方ポイント】

ナチュラルマーククリームは、きちんと使用することで妊娠線予防の効果を上げることができます。

妊娠線ができやすい時期は、お腹の胎児の成長が著しくなる6ヶ月以降からですが、早い人はそれ以前にできることもあります。

妊娠予防は、妊娠4ヶ月頃にクリーム塗り始めておいた方が良いでしょう。

ナチュラルマーククリームは1日の使用回数は決められていませんが、効果を高めるためにも、塗るタイミングやポイントを押さえておくといいでしょう。

★効果的な使用方法

  • お風呂上り5分以内に塗る
    お風呂上りは肌が乾燥しやすいため、妊娠線ができやすくなってしまいます。乾燥を防ぐためにはあまり時間を空けず、5分以内に塗るようにしましょう。

  • 素早く優しく塗る
    お風呂上りは乾燥を防ぐために、素早く塗らなくてはいけません。ここで大事なポイントになるのが、優しく塗るということです。風呂上がり5分以内に素早く塗るとなるとすぐに時間が過ぎてしまうので、慌ててしまい力が入ってしまいます。つい力が入ってしまうと、お腹にいる胎児に負担がかかってしまうので、優しくなでるように塗っていきましょう。

  • 死角やお腹以外もケア
    お腹が大きくなると下腹部が死角になってしまいますが、塗り忘れのないように意識して塗るようにしましょう。また、お腹だけではなく、妊娠線ができやすい太ももや脚の付け根などにも塗っておくと良いでしょう。

ただ塗るのではなく、最適なタイミングや塗り方なども意識してケアすることで、より妊娠線予防の効果が高まります。

ナチュラルマーククリームの商品概要

商品名 ナチュラルマーククリーム
価格 8,100円(税込)
容量 470g
有効成分 オーガビックカレンデュラオイル、スーパーヒアルロン酸

ナチュラルマーククリームが手に入る場所・サイト

プッシュタイプのかわいいボトルで、使いやすさも魅力のナチュラルマーククリームを販売しているナチュラルサイエンスは、全国に取り扱い店舗が広がっています。そのため、実物を見てから購入したいという方にもおすすめ。主な取り扱い店舗としては、「東急ハンズ」「アカチャンホンポ」「ロフト」「イオン」「トイザらス・ベビーザらス」「伊勢丹」「高島屋」などがあります。

ナチュラルサイエンスの商品を取り扱っている店舗は、ナチュラルサイエンスの公式ページからも確認できます。尚、ナチュラルサイエンス商品を取り扱っている天日でも、ナチュラルマーククリームの取り扱いがない店舗がある可能性もありますので、実店舗でどうしても手に入れたいという方は、来店前に電話などで確認してみるといいでしょう。

もちろん「なかなかお出かけができない」「近くにお店がない」という場合でも、公式通販サイト他、大手通販サイトでも取り扱っています。

ナチュラルサイエンス公式ショッピングサイト
http://www.natural-s.jp/shop/c/c8704/

どれぐらいの期間使ったら妊娠線に効いてくるの?

ナチュラルマーククリームは、助産師さんや先輩ママの声を参考に造られた妊娠ボディ用クリームです。実際に使ってみた先輩ママたちの声をもとに、どのくらいの期間使ったら妊娠線に効くのかをチェックしてみましょう。

ナチュラルマーククリームの効果を感じるまでの期間

妊娠7週から使っています(女性・30才)

妊娠線対策として妊娠7週から使っています。22週を超えた段階では、妊娠線は出来ていません。

第1子の妊娠から使っています(女性・30才)

上の子の妊娠時から使っています。今、第二子を妊娠中ですが、第一子の時はおかげさまで妊娠線ができませんでした。ポンプタイプで出しやすくて、クリームの伸びもいいのでささっと塗れて使いやすいと思います。

乾燥で妊娠線ができる人には効果がありそうです(女性・32才)

妊娠線予防に使っていましたが、妊娠線はできてしまいました。私には効果がイマイチだったようです。ただ、保湿力はあるので、妊娠線が乾燥からできるような方には向いていると思います。肉割れタイプの妊娠線にはマッサージをしたほうが効果があったのかも。

口コミからも分かる通り、妊娠線予防で使い始める先輩ママが多いナチュラルマーククリーム。使い続けて妊娠線ができなかった、というママももちろんいましたが、残念ながら妊娠線ができてしまったというママも。

保湿だけでなく、マッサージをしながら使うことで、効果が期待できるクリームかもしれません。

使い始めるベストタイミングは?

ナチュラルマーククリームは、無香料・無着色・低刺激タイプのクリームなので、妊娠がわかったタイミングからボディケアとして使い始めるのがオススメです。マッサージが不要なので、忙しくてなかなかケアができないと悩んでいる方は、今が使い始めるベストタイミングと言えるでしょう。

クリームを塗りながら、お腹の中の赤ちゃんに話しかけてあげるなど、大切な妊娠中のママの心のケアにも役立たせることができそうです。

産後ももちろん使えますが、ナチュラルマーククリームの場合は、妊娠中から使うのがおすすめです。

ナチュラルマーククリームはこんな人におすすめ

ナチュラルマーククリームは、容器がポンプタイプなので、お風呂上がりなどにささっと使えるボディ用クリームを探している方におすすめです。

また、塗るだけでケアが完了するので、マッサージをする時間がない方にもいいかもしれません。その他、ナチュラルマーククリームがおすすめなのは、次のような方です。

  • 妊娠線の予防対策に使いたい方
  • 体の乾燥、かさつきが気になる方
  • お腹の赤ちゃんとコミュニケーションをとりたい方
  • 無香料タイプの妊娠線ケアクリームを探している方
  • 実店舗で購入できるクリームを探している方