HOME » 妊娠線や肉割れの知っておくべき正しい知識 » 産後にできる妊娠線の種類

産後にできる妊娠線の種類

妊娠中、お腹が急に大きくなったことでお腹周りやバストにひび割れのように現れる筋、それを妊娠線と言います。皮膚表面ではなく、その奥の真皮層や皮下組織の毛細血管や繊維が裂けて傷になってしまっている状態です。妊娠線といっても、その症状はさまざま。ここでは、そんな妊娠線の種類を紹介しています。

多くの女性が経験する妊娠線

妊娠線は8~9割もの妊婦さんにできると言われています。そのため、妊娠線に悩む女性はとても多いです。

妊娠中にお腹が大きくなることで弾性繊維がついていけずに切断し、赤紫色の瘢痕ができます。出産後に少しずつ薄くなっていきますが、クリームやオイルでのケア、専門クリニックでの妊娠線治療を実施しなければ凸凹の線が残ってしまいます。妊娠線は長ければ15センチにもなるので、思っている以上に目立ってしまうでしょう。

「この妊娠線をどうにかしたい!」となる前に、なるべく予防することが大事なのです。妊娠したら生活習慣の見直しと共に、皮膚を柔らかくするための保湿ケアをこまめに実施しましょう。

妊娠線は皆が皆できるわけではなく、中にはできない人もいます。妊娠線を予防したいなら理解を深める必要があります。「妊娠線とは?」、「自分に合った予防方法は?」を考えて、良い対策方法を実践していくことが大切です。早めに取り組むことで、ほとんど目立たない状態まで回復させることができます。

新妊娠線

新妊娠線イラスト

新妊娠線とは、妊娠中に現れている妊娠線のことを指します。妊娠中期~後期に特に現れやすく、青紫や赤紫の筋のようなものがいくつも見られるのが特徴です。幅2~3mm、長さは5cmにのぼるものもあり、その見た目はとても目立ちます。

この新妊娠線は、急な体重変化などで体型が短期間で大きく変化したことにより、その変化に皮膚の奥の組織が対応して伸びきれずに裂けてしまい、毛細血管の色が表面に透けて見えている状態です。お腹が大きくなる前から、妊娠線用の保湿クリームなどを塗ってケアすることで、皮膚の弾力が向上して伸びやすくなり、ひどい妊娠線ができるのを防ぐことができます。

旧妊娠線

旧妊娠線イラスト

旧妊娠線は、妊娠時にできた妊娠線が古傷化したもの。真皮層などにできた傷が治る過程で、いわば火傷跡のようになってしまった状態です。白くて線も薄いのが特徴ですが、皮膚の表面に凹凸ができ、まさにひび割れたような状態となってしまいます。新妊娠線より目立ちにくいですが、やはりこの旧妊娠線が気になってプールや温泉に行けない…という声も多く聞かれます。

2人目、3人目など経産婦さんの場合は、この旧妊娠線がよりひどくなりやすいと言われています。また、時間が経って消えにくくなったというケースも…。妊娠中から徹底的な保湿ケアや体重管理を行い、できてしまうのをしっかり予防しておきましょう。

正中線

正中線イラスト

新妊娠線、旧妊娠線とは少し違い、お腹の真ん中に一本の線ができる正中線という妊娠線もあります。色も濃くてやや目立つ症状です。この原因は色素沈着だといわれており、産後は目立たなくなるケースがとても多いようです。

しかし、悲しいことに正中線もそのまま残ってしまったという経験談も少なくはないよう…。新妊娠線、旧妊娠線と同じく、クリームやオイルでケアをしていくことが大切といえるでしょう。

こんな所にもできる!お腹の死角に注意

妊娠してお腹が大きくなると、おへそから下が死角になり直視しづらくなります。そのため、妊娠線に気づかずに放置してしまうことがあります。お腹の皮膚が突っ張り、かゆくてボリボリ掻いているような場合は妊娠線が残りやすいので、特に要注意です。見えづらい場所は手が届かない分、ケアが疎かになりがちです。

妊娠線予防のために、見えづらい部分には鏡を当ててくまなくチェックしましょう。「ここ、かゆみや乾燥が気になるな」、「前より妊娠線が増えてきている」というところは、念入りに保湿ケアを行ってください。

また、妊娠線を防ぐことで出産後も色々なファッションを楽しめるでしょう。

妊娠線ができやすい人&できにくい人

妊娠線は、できやすい人とできにくい人がいます。それぞれの違いをしっかりと比較して、どのように対策を講じれば予防できるのかを把握しておきましょう。

    【できやすい人】

  1. 体重が12キロ以上増えた人
  2. 元が小柄で痩せ型の人
  3. 多大妊娠(双子や三つ子)の人
  4. アトピーの人
  5. 35歳以上で高齢妊娠の人

    【できにくい人】

  1. 初産の人
  2. 若い妊婦さん
  3. 比較的大柄な人

ただし、これらはあくまでも可能性であり、当てはまる全ての人に皆妊娠線ができる・できないわけではありません。「絶対に妊娠線を作りたくない!」、「オシャレや温泉、プールを楽しみたい!」という方は、念のために妊娠線予防のケアをしておきましょう。

「妊娠線は簡単に消せる」と思っている方もいるかもしれませんが、残念ながら実際は予想以上に長く残ります。肌の新陳代謝がゆるやかな方や35歳前後の方は、比較的に残りやすいので要注意です。

妊娠線ができて後悔してしまわないように、ケアをしっかり行うようにしましょう。