HOME » 妊娠線や肉割れの知っておくべき正しい知識

妊娠線や肉割れの知っておくべき正しい知識

妊娠や肥満などで急激に体型が変化した際、お腹や太ももに赤~青紫の筋や白っぽいひび割れのようなものができたことはありませんか?それは「妊娠線」、あるいは「肉割れ」と呼ばれています。これらはどうしてできるのか、できないようにするために必要なことは?そして、それでもできてしまったらどうしたら良いのか?妊娠線の原因から予防、対策方法まで以下にまとめていますので、気になる方はお見逃しなく。

妊娠線や肉割れの原因

妊娠線や肉割れはそもそも体内で何が起こっている状態なのでしょうか。「皮膚の乾燥が原因」と思われがちの妊娠線ですが、実は皮膚の乾燥だけが原因ではなく、そのため単なる保湿ケアだけではなかなか良くならないことも多いもの。こちらのページでは、妊娠線の正体や、できてしまうまでのメカニズムを解説しています。

妊娠線や肉割れができやすい人

同じ時期の妊婦さんでも、妊娠線ができてしまう人と、そんなに気にならない人がいるのはどうしてでしょうか?できやすい人とできにくい人の違いや、妊娠線ができやすくなってしまう2つのポイントについて説明しています。特に2人目・3人目妊娠中のママは要チェック!

産後にできる妊娠線の種類

同じ「妊娠線」でも、できる場所や色、形状によって種類が異なります。大きく分けて妊娠中にできるもの(新妊娠線)、出産後に残るもの(旧妊娠線)があり、それぞれの違いはもちろん、おすすめのケア方法も紹介しています。

妊娠線や肉割れを対策するために

総合的に見た妊娠線の予防方法と、できてしまった際の治療方法について概要をまとめています。妊娠線対策は、何よりも「予防」が最も手軽で高い効果も期待できる方法。お腹が大きくなってくる前の妊娠4ヶ月ごろから、少しずつケアを行っていくことをおすすめします。

妊娠線の初期症状

妊娠線には予兆がある?妊娠線の予兆と初期症状を知って、対策しましょう。予兆と症状、体験談・口コミをご紹介。痒みは妊娠線の予兆なのか、それ以外のトラブルが起こっている恐れがあるかについても解説します。妊娠線ができる予兆と先輩妊婦が試した予防方法についてもチェックしてみましょう。

妊娠線のケアはいつから始める?

妊娠線のケアは、いつから始めるのが良いのでしょうか。妊娠線予防ケアの開始目安と、できてしまった後の対策・解決方法があるのかなどを紹介。できてしまった妊娠線ケアのポイントや、クリニックでの治療の期間などもチェックして、妊娠線の予防とケアに努めましょう。