HOME » ママたちの妊娠線にまつわるエピソード【悩み・予防・治療など】 » 悩んでいた妊娠線がキレイになくなった!

悩んでいた妊娠線がキレイになくなった!

妊娠線はできてしまうとなかなか良くならず、クリームを塗っても効果がない…とあきらめていませんか?近年では妊娠線をきれいに消すことのできる治療方法もあるようです。実際に妊娠線の悩みを解決した人の体験談を掲載しています。

できてしまった妊娠線を消すことに成功したエピソード

クリニックの妊娠線治療で、肌がキレイに元通り!(30代女性)

現在、小学生の長女を妊娠しているとき、たくさんの妊娠線が…。

保湿クリームのイラスト

長女を妊娠中、臨月が過ぎる頃に急激な体型の変化を経験しました。妊娠線については知識があったので、予防クリームを毎日塗っていたのですが、時間が経ちお腹が大きくなるにつれて、下腹部まで目が届かなくなってしまったのでしょう。出産後、ケアを怠っていたお腹の下や太ももに、たくさんの肉割れが発生していたことに気付いたのです。しかし、産後まもなく職場復帰を果たした私は、仕事に育児に忙しい日々を送っていたため、妊娠線を気にしている余裕がなく、そのまま放置をしてしまいました。

「プールに行きたい」と娘に言われてから、初めて妊娠線を意識しました。

娘が5歳になった年の夏の終わり。突然「ママ、プールに連れてって!」と言われました。すくすくと育ってくれた娘のお願いなら喜んで聞いてあげようと思いましたが、そのときから急に妊娠線が気になりだしたのです。改めて自分のお腹や太ももを見てみると、赤いみみずばれのようなものと、でこぼこした白い線のようになっているものとで、正直かなりグロテスク…。とても水着になんてなれないという感じで…。幸い、もう涼しくなってきている時期だったため、娘には「来年絶対行こうね」と伝えました。とても心が痛かったことを覚えています。

対策クリームを試しても、皮膚科の先生に相談しても全然ダメで…。

私はあわてて妊娠線専用のクリームや妊娠線に効くというオイルを購入し、毎日気になる部分を念入りにケアし続けました。しかし、半年続けても全く効果はありません。セルフケアでは効果がないのだと思い、近所の皮膚科へ相談しに行ったこともありました。でも先生には、「妊娠線は一度できてしまうとほぼ治らない」と言われてしまい、本当に本当にショックでした。妊娠中、なぜしっかりとケアしなかったんだろう…。妊娠線が気付いた時点で、なぜ行動を起こさなかったのだろうと、心から後悔しました。

悩んでいる私に、友人が提案してくれた妊娠線専門の治療法

ある日、昔からの友人たちと会う機会があったため、妊娠線について相談してみました。親身になって話を聞いてくれるだけで、ずいぶん心が軽くなりました。すると一人の友人が、妊娠線を消す専門の治療があるということを教えてくれました。なんでも、彼女のご親戚の方がその治療を受けてキレイな肌を取り戻したんだとか。

家に帰り、早速その治療法について調べてみると、「炭酸ガスで血流を改善し、肌のターンオーバーを促す治療法」が妊娠線にとても効果的であることを知り、その治療に特化しているクリニックも見つけました。夏になるまであと少し…。焦っていた私はひとまず相談だけでもしてみようと、無料カウンセリングの予約をしました。

妊娠線専門の治療を受け、無事に妊娠線が消えました!

クリニックのカウンセリングを受ける女性のイラスト

ついに予約日当日。カウンセリングの際、先生は本当に親身に私の話を聞いてくれました。クリーム頑張って使用したことも、皮膚科で「治らない」と言われてしまったことも、すべて聞いてくださり、優しく励ましてくれました。

治療法についても、どのような仕組みで妊娠線が消えるのか、どれくらいの期間が必要なのかなど、すべて丁寧に説明してくださいました。その優しい対応のおかげで、安心して治療を決意することができたのだと思います。

治療を受け始めると、あんなに目立っていた妊娠線がみるみる薄くなり、今ではすっかりきれいになりました。痛みもなく、ダウンタイムも全くありませんでした。おかげで先日、念願のプールに娘を連れていくことができとても楽しい時間を過ごすことができました!もっと早くにこの治療方法を知りたかったです。悩んでいた妊娠線がキレイになくなり、毎日本当に明るく過ごせています。