なんでできるの??
まずは妊娠線ができるメカニズムを知ろう

妊娠線は、乾燥やホルモンバランスの変化による肌表面のトラブルだと思われがちですが、なんとそれは大きな勘違い。一般的なカサカサ肌やニキビなどは、お肌の表面に起こるトラブルですが、妊娠線は、それよりもっと奥の皮膚に起こる症状なのです。さて、そこで妊娠線ができてしまうメカニズムはどういうものなのか、以下の図を見て確認しましょう。

  • 健康な皮膚

    表皮_真皮_皮下組織

    お肌は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれており、ニキビや乾燥といった肌トラブルは、一番上の表皮に発生します。

  • 真皮層が断裂

    表皮はやわらかいので伸びやすい_真皮は柔軟性が低く伸びると裂けちゃう

    真皮や皮下組織は表皮に比べると伸縮性が悪いため、妊娠や肥満など、急激な体型変化で引っ張られると裂けて傷になってしまいます。

  • やがてくっきりとした妊娠線に…

    真皮の断面が筋となって表面に浮き出る_避けてしまった真皮を再生させる治療が必要!

    真皮が裂けてしまうと、その周辺にある毛細血管が表皮から透けて赤紫の線が浮き出てきたように見えます。真皮の再生はすごくゆっくりで4~5年かかることも…。

知っていました?
妊娠線って、実は皮膚の病気なんです

妊娠線は、真皮層や皮下組織まで及ぶ「皮膚深部の傷」がその正体。主に急激な体型変化と皮膚組織の弾力の低下によって起こる症状で、妊娠中の約6~7割の人に現れるとも言われています。定期的に細胞が入れ換わるしくみ(ターンオーバー)を持つ表皮とは異なり、真皮は新陳代謝が非常に遅いため、いったんできてしまった傷は自然に治ることはほとんどありません。そのため、妊娠線ができてしまった場合は、クリニックでの専門の治療を受けることをおすすめします。

補足妊娠線クリームはあくまで予防対策

「妊娠線対策クリーム」や「妊娠線を消すためのクリーム」などの妊娠線関連商品って、本当に効果があるのでしょうか?これらのクリームやオイルには血行を促進したり、保湿を高めたりする効果は期待できるのですが、妊娠線の原因である「真皮層」の断裂を直接治療することはできないため、目立たなくすることはできても根本的な解決にはならないのが実情です。ただし、保湿力は優れているため、妊娠中の予防にはとても高い効果が期待できます。

クリームが表皮に美容成分を浸透させハリを与える_真皮には届かず裂けた部分の修復はできない
妊娠線ができてしまったら…

美容クリニックで治療してもらうのがベスト!

赤いみみずばれのような線がいくつもできてしまう妊娠線。産後、体型が元に戻っても、妊娠線は治らないためとても目立ちますよね。できてしまった妊娠線は、皮膚科等を受診しても「治らない」などと言われるケースが一般的で、あきらめて服で隠したりすることが多いようです。妊娠線が原因で「プールや温泉も行けない…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?しかし、近年ではそんな妊娠線を根本的に治療できる方法が開発され、美容クリニックなどでも徐々に取り入れているところが増えています。

私たちが検証しました
妊娠線はどれだけ消える??_RESEARCH

クリニック治療と対策クリームの
効き目検証レポート

妊娠線ができてしまった方は必見!ここでは、妊娠線に悩む二人の女性に協力していただき、妊娠線を消すのに効果が高いと言われている専用クリームと、妊娠線を消すために開発されたクリニックでの治療を体験してもらいました。一度あらわれると、消すことがとても難しいと言われている妊娠線や肉割れ。どちらが「妊娠線を消す」といった効果を得られるのか、要チェックです。

  • クリニック治療

    マイミさん(37歳)

    15年間悩み続けたお腹の妊娠線…。大切なご家族と海や温泉に行きたいと、モニターを引き受けてくださったマイミさん。半年の結果です。

    クリニックBefore
    こんなにキレイになるなんて…本当に嬉しいです。家族でたくさん旅行します!
    クリームAfter
  • 対策クリーム

    カナエさん(34歳)

    現在主婦のカナエさんは、6年前に息子さんを出産した際、脇腹にできた妊娠線に悩んでおられました。半年間クリームを塗り続けた結果がこちら。

    クリームBefore
    妊娠線に対して、満足のいく効果は得られませんでしたが、美肌になれました。
    クリームAfter
結論

妊娠線は対策クリームで予防して、
それでもできてしまったらクリニックに相談しよう!

妊娠線は肌トラブルではなく皮膚の病気。もしできてしまった場合は、専門のクリニックで治療を受けるほか、治す方法はないのです。しかし、妊娠線専門の治療を行なうクリニックはとても少ないので、あらかじめ調査をしておきましょう。なお、妊娠中にしっかりと保湿ケアを行なうことで、妊娠線を防ぐこともできます。毎日必ず専用のクリームを使用すること念頭におくよう、心がけてくださいね。

今回検証を行ったクリニック・対策クリームはこちら!

恵比寿美容クリニック

妊娠線の原因である真皮のダメージに直接アプローチ!

恵比寿美容クリニックで施術が受けられるのは、「血流改善ガス治療」。これは、海外で10年以上の実績を持っている妊娠線や肉割れに効果的な医療技術であり、さらにそれを日本人の肌質に合うように改良された恵比寿美容クリニック独自の治療法なのです。

POINT1
1回の治療時間はたったの10分!
POINT2
副作用やダウンタイムは全くなし!

ベルタ マザークリーム

妊娠中のママ向けに作られたボディクリーム!

数ある妊娠線ケアクリームの中でもその人気はトップクラス。たっぷり配合されたさまざまな美容成分たちが、お肌に潤いと引き締め効果をもたらしてくれます。医師の監修のもとで開発されているため、デリケートな妊娠期でも安心して使用することができます。

POINT1
3種類のこだわり美容成分を配合!
POINT2
無添加なので敏感肌でも安心!

みんなはどんなお手入れしてる??
妊娠線にまつわるママたちのエピソード

「妊娠線、絶対にできてほしくないけれど、具体的にどうやって予防したらいい?」「妊娠線クリームはどんなものを選ぶべき?」「しっかりケアしていても妊娠線ができてしまったらどうしよう…」など、妊娠線に関するお悩みは尽きないもの。自分で調べれば調べるほど、情報が多すぎて余計に混乱してしまうこともありますよね。そこで、先輩ママたちが実際にやってみた妊娠線対策をインタビュー!成功例・失敗談も合わせて参考にしてみましょう。

妊娠線ができる人ってどのくらいの割合?

できれば作りたくない妊娠線ですが現実は厳しく、かなりの割合で発生しているようです。また、妊娠線ができやすい人とそうでない人もおり、その違いも気になるところです。

妊娠線ができる確率

妊娠すると、急激にお腹が大きくなり脂肪がついた部分の皮膚が伸びますが、お腹が大きくなるスピードに追いつけず真皮層が裂けた状態となります。これを妊娠線といいます。この症状は高い確率で発生するといわれており、全体でおよそ50%以上が経験しています。さらに経産婦の場合は、これよりもっと跳ね上がり85%近くの方が妊娠線に苦しめられています。

できる人・できない人の違い

急激に体重が増えた場合、体型が小柄で痩せている人は妊娠線が発生しやすいと言われています。他にも高齢出産、双子三つ子を妊娠している場合も同様に、妊娠線ができやすいといえます。

一方、妊娠線ができにくい人は、皮下脂肪が付きにくく、且つ皮膚が柔らかい場合です。また他の妊婦に比べてお腹の膨らみ方が小さい場合もその傾向にあります。

妊娠線は予防できる!7つの予防方法

どうしても妊娠線を作りたくない!」「妊娠線らしくものがある!」という方は、妊娠線が酷くなる前に今からできる予防法を知ることが大切です。またできれば妊娠後期ヘ入る前に行なうのが理想でしょう。というのも、妊娠線は体型の変化だけでなく、ホルモンバランスの影響をもろに受けるからです。特に妊娠線は放置すると、完全に消すのが難しくなるので取り返しがつかなくなる前に、早めに予防することが重要です。そのための方法を一つずつ紹介します。

妊娠線の予防法1~ゆっくりと体重を増やす~

妊娠中はやけに食事の量が増えたりして、気づけば10キロ近く体重が増えていることもあります。しかし、あまりに増えすぎると妊娠線が出てしまうため、体重管理はしっかり行なうことが大切です。理想は、妊娠前の体重に比べて7キロから8キロ程度の増量です。逆に太り気味の方は、食事内容や生活習慣の見直しが必須です。

妊娠線の予防ポイントは体重をゆっくり増やすことなので、体に負担をかけない軽めの運動を取り入れるといいかもしれません。ただし、激しいダイエットは、母子ともに危険なのでNGでしょう。妊娠中の食事制限は、胎児に必要な栄養素が届けられなくなるので、発育不全に陥ります。また体重が増えすぎると、妊娠中毒や難産を引き起こすのでそこも要注意です。

妊娠線の予防法2~運動を習慣にし、脂肪がつきにくい体作りをする~

適度に体を動かすことで、大幅な体重増加をストップさせられますが、激しい運動は返って大きな負担なので、誰でも無理なく始められるウォーキングがおすすめです。下半身強化だけでなく、関節の動きをよりスムーズにできるため、安産に繋げられます。さらに、筋肉が程よくつくことで妊娠中によくある足のむくみを解消できます。

妊婦さんに効果的なウォーキングフォームは、左右の腰を突き出し、足を踏み出すことです。ウォーキングをする時は、骨盤の動きを意識しながら行なうといいでしょう。また足をしっかり踏み込めば、筋力アップが期待できます。

ウォーキングをする場合は、できるだけ妊婦さんに適した時間帯を選ぶとこが大事です。春先は過ごしやすいので日中でも問題ありませんが、夏場は日差しが強いので、涼しくなる朝や夕方がおすすめです。最初は10分~15分を目安にして、慣れてきたら30分くらい歩いてみましょう。

妊娠線の予防法3~保湿で肌にうるおいを与え肌を柔らかい状態に保つ~

妊娠線ができる主な原因は、ホルモン分泌の変化、急激な体重増加、そしてもう一つ肌の潤い不足が挙げられます。乾燥した肌はまるで砂漠のようでしょう。お手入れしないと、お腹が大きくなるにつれてどんどん妊娠線が出てきてしまいます。特に秋冬は肌が乾燥しやすい季節なので、保湿クリームを塗って妊娠線の発生を防ぐ必要があります。

また夏場も、エアコンが効いた室内にいることが多くなるため、肌が乾燥しがちです。次第に皮膚の弾力性が失われ、お腹だけでなく太ももやお尻にも妊娠線が発生します。そのため、肌にうるおいを与えつつ、肌を柔らかい状態にしておくことが重要です。特に真皮層にコラーゲンが充分あり、油分と水分量のバランスがきちんと保たれている場合は、肌の柔軟性はかなり高いといえます。このような肌を目指して、今日から妊娠線の予防をしましょう。

妊娠線の予防法4~妊娠初期からしっかりとケアをする~

妊娠線の予防で最も重要なのは、お腹が大きくなる前に対策することです。妊娠線予防クリームで予防する場合は、正しい方法を知ってきちんとケアをしましょう。

ポイント1.手でクリームを温める

妊娠線クリームを使う前にまず両手を使ってクリームを温めてください。じんわりと肌に馴染むのが分かります。

ポイント2.引き寄せるようにマッサージをする

特に太ももは、妊娠線が発生するポイントなので、クリームを伸ばしながらリンパを刺激します。この時手の平を太ももの裏側に置いて、肉を内側に引き寄せる形でマッサージをしましょう。クリームは足の付け根から膝にかけて全体的に塗布してください。マッサージ終了後は、外側と内側を縦に撫でて、クリームをしっかり馴染ませましょう。

妊娠初期はまだお腹もそこまで大きくないので、足のマッサージもしやすいはず。また、太ももと同時にふくらはぎもマッサージしておくと足全体がスッキリします。

妊娠線の予防法5~保湿ケアは毎日やる~

自宅で簡単に予防ができるとして妊娠線予防クリームが今人気です。またクリームの中には、保湿成分がたっぷり含まれているためできれば毎日塗りたいですが、これが意外に大変です。何故ならクリームは品質のいいものだと高価なので、毎日使うのは気が引けてしまうからです。また、面倒になり途中で投げ出す可能性も充分あるでしょう。

保湿は毎日するべき?

妊娠線はお腹以外の場所にも出現するので、毎日塗布するのは労力がいります。しかし、毎日ケアしなくても大丈夫な場合もあります。というのも妊娠線予防のクリームやオイル系を使う目的は保湿ですが、1日2日サボったくらいで悪化しません。逆に毎日のケアがストレスになることもあるため、週にどのくらい行なうか回数を決めても問題はないのです。

臨月に入るとキケン

顔のスキンケア同様に、妊娠線予防も毎日行なう必要はありません。大事なのは、継続することです。しかし、臨月に入ると妊娠初期とは違いだいぶお腹が大きくなります。この時期を迎えた場合は、なるべく毎日ケアをするのが望ましいです。

妊娠線の予防法6~腹帯やガードルで皮膚を守る~

妊娠線予防クリームを使ってケアするのも大事ですが、皮膚を守るために腹帯やガードルの活用も視野にいれましょう。お腹を守ることで次のメリットが得られます。

  • 冷え症の予防に繋がる
  • 腰痛を防げる
  • 皮膚のたるみを予防できる
  • 骨盤を矯正できる

妊娠周期が進むにつれて赤ちゃんはどんどん大きくなります。そのため、皮膚も同時に伸びていきます。皮膚のたるみは、将来妊娠線や肉割れの原因になります。腹帯やガードルを活用して、お腹のたるみを予防する必要があります。

さらに、腹帯をすることでお腹がきゅっと締まるためベストな状態をキープできる点もメリットです。また、骨盤が開くのを恐れキツく締める人もいますが、骨盤は赤ちゃんの成長と共に開くのであくまで、たるみを起こさせず且つ、お腹を支えてあげるという気持ちで使うのが正解です。

妊娠線の予防法7~妊娠線ができても継続してケアをする~

手入れも虚しく妊娠線が発生した場合も、継続してケアを続けることが大切です。また、優しくマッサージをすることで、妊娠中のストレスを軽減させることも可能です。継続が難しい場合は、パートナーに手伝ってもらいましょう。

  • クリームは高価じゃなくてもOK

高いクリームやオイルにすると、継続するのが難しくなるのでリーズナブルで伸びのいいクリームを使うのがベストです。探せば1000円台でゲットできるでしょう。

  • すでに妊娠線が出ている場合

妊娠初期にケアをしても、体質によってできやすい人もいます。内心がっかりしますが何もしないでいると、症状はさらに悪化するだけです。症状が軽い人よりも入念なケアが必要ですが、妊娠期間中だけだと思って頑張りましょう。

妊娠線は食べ物でも予防できる

子供を望んでいる夫婦にとって、妊娠はとても喜ばしいものです。

しかし、妊娠が分かったあとも、無事に出産するまでには様々な気をつけなくてはならないことがあります。

食生活の制限や運動制限、風邪など病気の予防、つわり対策など様々な注意点がありますが、その中に妊娠線の予防ということがあげられます。

妊娠線とは、妊娠5~7ヶ月程度の時に、急激にお腹が大きくなることで皮膚が引っ張られ出来てしまう線のことです。

真皮が避けて断裂したような跡になります。

出産後は徐々に元の皮膚に戻っていきますが、跡が完全に消えるということはありませんので、気にしてしまう女性も多くいます。

そのため、妊娠中にこの妊娠線を予防するための対策をとっておくことが重要と言えます。

そして、妊娠線は、食生活に気を付けるだけで、簡単に予防することが出来ますのでぜひ試してみましょう。

妊娠線の予防に効果的な食材&飲料TOP3

さて、妊娠線を予防するため重要なことは、コラーゲンや亜鉛などの成分の十分な摂取と、体の中の老廃物の、効果的な排出です。

このことを踏まえると、妊娠線の予防に効果のある食材や飲料が分かってきますので、確認していきましょう。

1、大豆

まずは大豆です。大豆は、妊娠線予防に重要なコラーゲンを作る力が備わっているため、積極的に摂取することがおすすめです。

真皮が断裂してしまい生じる妊娠線は、そもそもその真皮がコラーゲンによって作られています。コラーゲンの成分を補ってやることで、皮膚が強くなり、断裂を予防することが出来るということです。

そしてコラーゲンを生成するためには、たんぱく質が必要となります。

大豆類は、良質なたんぱく質が豊富に含まれているので、コラーゲン生成にとても効果的です。

さらに、大豆類には、女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンという成分も多く含まれているというメリットがあります。

妊娠中は、女性ホルモンの分泌がとても重要になってきます。イソフラボンを体内に多く取り入れることで、肌つやが良くなったり、代謝が良くなったりなどの効果も期待出来るため、一石二鳥であると言えます。

納豆や豆腐、そら豆など大豆類は積極的に摂取していきましょう。

2、水

次に重要なのが、水です。水は、誰もが毎日摂取するものですが、いつもより意識して多めに飲むようにすることで、妊娠線を予防することが出来ます。

水は、たくさん飲むことで体内の老廃物を積極的に体外へ排出しようとするデトックス効果があります。

そもそも体内に老廃物が溜まると、代謝が悪くなります。代謝が悪くなると、せっかく大豆類で摂取したコラーゲンなどの有効成分もしっかりと体内へ行き渡らない危険性が出てきます。

また、便秘がちになりお腹も張りやすくなるので、妊娠線が出来てしまう可能性が高くなってしまうのです。

しかし水分をたくさん摂取することで、そのような危険を予防することが出来るのです。

水を毎日たくさん飲むのが苦手、という人は、野菜ジュースや、水分の多い果物などを摂取するのも良いでしょう。ただし、飲みすぎると、逆に中毒症状を起こしてしまうこともありますので、飲みすぎには注意しましょう。

一日の目標摂取量を漠然と決めておく、という方法もおすすめです。

3、鶏肉

最後は、鶏肉です。鶏肉には、亜鉛という成分が豊富に含まれています。

亜鉛も、妊娠線予防には欠かせない大切な成分です。亜鉛の働きは、妊娠中には欠かせない女性ホルモンの働きを活発にするという効果があります。そのため、妊娠中だけでなく、子供を授かる前の期間から摂取している女性も多くいるのです。

ホルモンの働きを良くすることで、妊娠線予防だけではなく、胎児の健康状態も維持出来ます。またそれだけでなく、普段の生活では不足しがちなミネラルを補い、肌の健康状態を向上させるという働きも期待出来ます。

肌のハリやつやが良くなると、妊娠線が出来にくい、丈夫な肌質になることが出来るのです。

さらに、鶏肉には大豆と同じように、良質なたんぱく質も多く含まれていますので、大豆と同じようにコラーゲン生成の効果もあり、メリットがいっぱいの優秀な食材です。

亜鉛と同時にたんぱく質も摂取出来るため、積極的に摂取してみましょう。

栄養バランスを考えて摂取

このように、大豆、水、鶏肉は妊娠線を予防するために欠かせない食材です。しかし、これらを毎日食べれば良い、というわけではありません。大切なことは、栄養バランスを考えて効率良く摂取する、ということです。

コラーゲンや亜鉛はとても重要な成分ですが、ビタミン、ミネラル、糖質、脂肪など他の栄養素も、もちろん大切な成分です。

毎日の食事をしっかり3食摂り、体に必要な栄養素を偏りなく摂取するということが何よりも大切なことです。それを意識することで、妊娠線予防だけでなく、母体の健康につながり、安心して出産を迎えることが出来るようになります。

バランスの良い摂取が難しい場合には、サプリメントなどを使って補うという方法もおすすめです。

サプリメントは、ドラッグストアなどで簡単に購入出来ますので、妊娠線予防に効果的な食材と合わせて摂取すると、なお効果が期待出来ます。

神経質になるのも良くありませんので、適度にリラックスしながら、バランスの良い食事を心がけましょう。

妊娠線の解消にはコラーゲンの摂取がおすすめ

前述の通り、コラーゲンには妊娠線を予防するという働きがありますが、同時に出来てしまった妊娠線を解消するということにも役立ちますので、無事に出産した後も、積極的に摂取することがおすすめです。

コラーゲンが多く含まれる食材は、大豆のほか、動物性のものだと豚バラ肉や豚足、牛スジなどに多く含まれます。海洋性のものだと、すっぽん、フカヒレ、うなぎ、エビなどが挙げられます。

一度裂けてしまった真皮はなかなか元に戻りませんが、元となっているコラーゲンを多く摂ることで、肌本来の力が徐々に復活していき、治りも早くなります。

また、コラーゲンの多く含まれる上記のような食品をただ摂取するだけではなく、様々な栄養素と同時に摂取することで、その効果をより高めることが出来ます。

コラーゲンの効果を高めることが出来る成分は、たんぱく質とビタミンです。

たんぱく質は、前述の通り大豆に多く含まれており、良質なコラーゲンを作り出します。またビタミンは、コラーゲンの生成率をアップし、きちんと肌に行き渡らせるという働きがあります。

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系果物類や、にんじんなどの根菜などに多く含まれていますので、バランス良く摂取しましょう。

妊娠線はできる前に予防しよう!

一度生じてしまった妊娠線は、なかなか元には戻りません。そのため、予防しておくということはとても重要なことになります。

妊娠中はなかなか激しい運動をすることは出来ませんが、無事に出産したあとは、海やプールなど、肌を露出させる機会も少なからず増えてきます。さらに、妊娠線はお腹だけではなく、腕や足に生じてしまうこともあります。

腕や足は、肌の露出が少ない場所でも、半そで、スカートを着たときに目立ってしまう可能性もあります。

そのような機会に、妊娠線が気になって子供と楽しい時間を過ごせない、好きなファッションを楽しめない、ということになってしまうのは、悲しいことです。

妊娠線は、子供を立派に産んだ勲章とも言えますが、やはり気にしてしまうのは仕方のないことです。

出産後も、おしゃれを楽しみ、肌に気を使って女性らしさを保つというのは、充実した人生を生きる上で大切なことです。

そのためにも、普段から食生活に気を配り、妊娠中からしっかりと予防しておくことがポイントなのです。

出産後も気兼ねすることなく子供と楽しい時間を過ごせるよう、バランスの良い食事を心がけ、妊娠線予防をしっかりとしておきましょう。

妊娠線ができてもあきらめないで!
早めのケアで薄くなる!消えないときはクリニックの治療がある

体型は元に戻っても、妊娠線が体に残っているとゲンナリします。見た目も気になりますし、水着を着てプールや海に入ることもできません。中には、妊娠線予防クリームではどうにもできなかった方や、どうしようもないと諦めている方もいるはずです。そのような時は、専門クリニックでの治療を検討しましょう。そして第一歩を踏み出すためにも、カウンセリングを受けて、治療に関する詳しい説明を受けてくださいね。

また、すでにできてしまった妊娠線は、予防やケアをしても消えないことがほとんどです。そのため、皮膚科を受診しても治らないの一点張りでしょう。しかし近年は、深く傷ついた真皮層に届く最新治療を専門クリニックで受けることができます。それも、クリームやオイルでは不可能だった真皮層へのアプローチが簡単にできるため、治療を受けた方が確実に早く改善するといわれています。

気になる妊娠線の隠し方

妊娠線は約60%の妊婦さんができてしまいます。妊娠線はお腹の成長に皮下脂肪や皮膚がついていけずに、表皮の下が破裂してしまった痕です。白い線や赤いギザギザ線と痕が残ってしまっています。亀裂や凸凹していることがあります。一度できるとすぐに消すことができないため、予防をしておくこと大切です。

妊娠線は時間がかかりますが放置しておけば、勝手に消えます。それでもいち早く消したい人は、妊娠クリームや保湿オイルを使って保湿をしていくか、クリニックで治療する方法があります。クリームやオイルは時間がかかりますがコストを抑えることができ、クリニックでの治療は早めに改善することができますがコストがかかります。

温泉や海やプールなど肌の露出から気になる妊娠線は消す、その場だけでも消したい場合には薄くするよりも隠してしまうのが一番です。

隠す方法は、コンシーラーやファンデーションなどのメイクアイテムやファッションでカバーするのがおすすめです。

方法その1.ファンデーションで隠す

凸凹はしていない妊娠線はファンデーションで隠すことができます。顔で塗るタイプでも隠せますが、広範囲にはクリームファンデーションやスプレータイプが手軽でおすすめです。滑らかな肌になります。

太腿やふくらはぎなどには脚用のスプレータイプのファンデーションがおすすめです。脚用ファンデーションの中にも、水にも強く、UVカット効果もあるため日焼け止めとしても活用することができます。

凸凹は目立たなくても線が赤黒い場合には、貼るタイプのファンデーションテープがオススメです。水にも強く、プールや温泉でも剥がれなく安心です。通気性もあり、2~3日は貼りっぱなしでも大丈夫です。色も選ぶことができ、貼るだけなので簡単ですよ。

方法その2.タイツやストッキングを使って隠す

妊娠線はタイツやストッキング、洋服でもカバーすることができます。

ストッキングだけでカバーするには黒がベターです。薄手のストッキングはベージュ系だと透けてカバーできない場合もあります。暗い色のベージュを選ぶと肌の色との違和感が出てしまったり、洋服に合わなかったりする場合もあります。

ストッキングだけという場合には、黒がおすすめです。ただし、黒は春夏に履くのは厳しいかもしれません。暑苦しさが出てしまう黒よりも、暑い季節は薄手のベージュを重ね履きがおすすめです。履きにくく、暑いですが見た目をカバーすることができます。

ストッキングだけでなく、冬はタイツ、夏はレギンスの活用もおすすめです。

一時的に妊娠線を隠したい人におすすめ!

日常生活の場で妊娠線を一時的に隠す場合には、ストッキングやタイツでも十分ですが、プールや海などでは隠すことができません。そこでおすすめの方法が、ファンデーションやコンシーラーです。

ファンデーションやコンシーラーは顔だけでなく、ボディ用も販売されています。BBクリームの活用もおすすめです。

1.海やプールと水に入らなくても暑い夏には汗でファンデーションやコンシーラーが取れてしまうため、ウォータープルーフは必須です。

2.潤い成分に注目しましょう。妊娠線は肌の細胞が破断しているため、肌の機能が発揮できずに乾燥しやすい状態です。普通のファンデーションでは乾燥から、肌がカサカサしてしまいファンデーションが目立ってしまいます。潤いがあるファンデーションを使うと肌の乾燥を防ぐことができます。

3.妊娠中は、肌が敏感になっているため肌に優しいものを選びましょう。

ファンデーションやコンシーラーを塗る前には、日焼け止めクリームを塗ってから利用しましょう。隠したいからと厚塗りには気をつけましょう。肌に馴染ませると自然な仕上がりとなります。

ラメ入りパウダーを使うと光の反射から凸凹をカバーすることができますが、塗り過ぎるとピカピカで目立ってしまうため注意しましょう。

完璧に消したいのならクリニックに行こう

妊娠線の治療には美容外科で治療することができます。

治療法には大きく分けて、3種類です。

・レーザー・・・妊娠線にレーザーを照射して、肌を傷つけて肌の代謝をアップさせていく方法です。肌の再生のための真皮コラーゲンが多く作られて、ターンオーバーを促進していき妊娠線を薄くすることができます。数回レーザーを照射して徐々に薄くしていきます。

・炭酸ガス注入・・・血の流れを良くする炭酸ガスを注入して、皮膚の代謝を促す方法です。レーザーのように真皮のターンオーバーを促していきます。細い注射で一か所だけに炭酸ガスを注入するので、痛みも少なく深い部分の妊娠線や目立つ妊娠線も薄くすることに期待できます。

・手術…皮膚のたるんでいる広範囲の妊娠線は、外科手術をしていきます。切除した部分の妊娠線は消すことができますが、広範囲で取り除くことができず残ってしまうこともあります。手術は妊娠線の改善よりも、たるんだ皮膚を取り除く目的の方が強く、皮膚を切除すると傷跡が残ります。

利用する美容クリニックは慎重に選ぶこと

美容クリニックは失敗できませんね。適当に決めてしまって後悔しないように、失敗を避けるためにも信頼できるクリニックを慎重に選んでいきましょう。

選び方のポイントは、カウンセリングの時間です。カウンセリングは先生と患者さんの意思疎通ができるかできないかをチェックすることができる、絶好のタイミングです。カウンリングを疎かにされてしまったときには避けるようにしましょう。カウンセリングでは、施術を受けてどのようになりたいか、他におすすめの施術方法はあるのかなど、施術方法や細かなものまで話し合う場です。気になることは細かいことでもしっかり確認しましょう。施術日ばかりを聞きたがるドクターや些細な質問に答えてくれないような場合には施術の契約をしないでカウンセリングだけで終了しても大丈夫です。

クリニックは病院だけでなく、ドクターの力量も重要なポイントです。ドクターが多いクリニックでも実は一人の先生だけが技量があるかもしれません。気になるクリニックは、クリニックの評判だけでなく、在籍しているドクターの評判も一緒にチェックしましょう。口コミサイトで治療を受けた方の体験談などをチェックすることができ、自分と似た症状で施術を受けたことがある人の経験談も見つけることもできますよ。

クリニックは後悔がないように2~3か所はカウンセリングに訪れるようにしましょう。

避けた方がいい美容クリニックの特徴

・ドクターの経歴やいままでの実績が公表されているクリニックを選びましょう。どこのクリニックで形成外科の研修を受けたの明記は専門医の証明です。研修の明記がない、病院名を挙げていない場合には研修を受けていなかったり、勤務実績がない場合もあります。ホームページをしっかりチェックして明記がない場合には利用は避けましょう。

・施術するときには、誰が施術するかホームページに開示されていないクリニックもあります。誰が施術をするかわからない場合には、常勤でないドクターが施術する可能性があります。

・カウンセリングと実際の施術してくれるドクターが異なるクリニックがあります。意思や希望をカウンセリングで伝えていたのに、施術当日ドクターが異なると大変不安になります。ドクターが異なる場合での施術は避けましょう。

・費用は気になりますが、キャンペーンでお安くなるなどのあおり広告をしてくるクリニックは避けましょう。美容のためでも、治療です。あまりにも相場とは違う料金の場合には利用を避けましょう。

治療内容に納得するまでカウンセリングをするべし!

美容クリニックは、利用することは少なく利用するにも躊躇してしまいます。多くのクリニックでははじめての人でも安心してカウンセリングに臨める体制が整っています。

カウンセリングでは、希望や要望をしっかり確認してくれますが、利用者それぞれ疑問は異なります。どんな些細のことであってもカウンセリングでしっかり尋ねて、他の治療法の有無など納得してから契約をしましょう。治療法を理解できるまで質問して大丈夫です。曖昧な理解では施術後のトラブルにも繋がります。カウンセリングはほどんどのクリニックが無料で行っています。利用方法もサイトからの予約または電話での予約となります。カウンセリングを利用したからと契約しなればいけないということもありません。契約を急がせるクリニックは避けましょう。

他が気になる場合には、他のクリニックでのカウンセリングも可能です。比べてみて自分に希望・要望に合うクリニックが見つかったら施術の予約を申し込みましょう。